友人紹介

今でこそ四輪駆動車は珍しくはないのですが、1970年代にはオープンの車で、四輪駆動で走る車では、三菱のジープかトヨタのランクル(ランクルはオープンは無かった)あたりの車しかなかったのではないでしょうか。特に左ハンドルのジープとしては、このJ10型だけだと思います。J10型は、1955年に一般の需要に応えフレームとボディを後方へ伸ばしたモデルで、6人乗りの左ハンドル車として販売されました。そのスペックが特徴的であり、傾斜にして35度の坂を登れるという悪路や山道を走るどちらかというと、街中での走行車両ではなくこのクラシックカーを乗っている人は、原田竜一郎君以外、私は知りませんでした。

 

全部がスチール製のため、他車と比較できないほど頑丈だということは見ても納得するほどの鉄で、できた車というしろものでした。ただ、幌もないこのジープの魅力は、外車のイメージとしてある左ハンドルと屋根がない完全オープンスタイルは、晴れた日の海沿いの街道を走るには最高の車であったことは、間違いありません。

 

この車がどのような経緯で作られたか調べてみると、三菱がウイリスとの提携による三菱・ジープとして生産したという歴史があります。その時の競争入札の結果、三菱・ジープを警察予備隊が採用しました。それから1953年からCJ3A型のノックダウン生産が始まり、全てウィリスの部品を用いたというコンプリートノックダウンの製品です。こうした経緯がある車種であるため、初期モデルにはスリーダイヤ(三菱マーク)が無かったということです。

 

その後は日本で生まれたモデルを加えて防衛庁以外にも販路を広げ、独自の進化を遂げながら1998年まで生産されたということですが、私はこの古い左ハンドルのモデルしか知りませんでした。

 

走っているときはいいのですが、クラシックカーであったため止まると次に動かすことが非常に、大変であった覚えがあります。原田君が乗っていたこの車に限ってのことでしょうが、よく一度止まるとエンジンが掛からず、修理の人を待つことがあった記憶が残っています。ジープのイメージは戦争車両というイメージがあり、この車に乗るとアメリカのテレビドラマ「コンバット」を想い出し、テレビで流れる音楽のメロディーを口笛で吹いたものでした。

 

それに、原田君も私もあの時代に長髪で、肩まで髪を伸ばした男二人がジープに乗っていると噂になったことも想い出します。今ではSUVブームであり街中を多くの四輪駆動車が走り、そのスタイルも洗練されて戦争のイメージは微塵もなくなっていますが、まだまだ1970年当時はベトナム戦争もあったことで、反戦の意味もあってわざわざ、あの古い三菱ジープJ10型を目立つように乗ったのでした。